絵本の読み聞かせは父親が効果あり パパだからこそできる事! | ばぁばの知恵のきびだんご

絵本の読み聞かせは父親が効果あり パパだからこそできる事!

絵本 読み聞かせ 父親

父親の皆さん「俺が絵本なんてね・・・」

と、思われてはいませんか⁈・・・

確かに男性が絵本を読むのはちょっと照れくさいもの。

「絵本は、母親が読んであげればいいし、なんかしら恥かしい気持ちもあるしね・・・」

と、思われても仕方がありませんよね・・・

絵本は、子供と母親のもの・・・

というイメージがあるし、仕事で忙しくて

子どもと触れ合う時間もないし・・・

ちょっと待ってください!

パパの絵本の読み聞かせって、子供の成長や子育てにとって大きな意味があるんです!

スポンサードリンク

絵本の読み聞かせを父親がする意味って?

赤ちゃんや幼い子どもにとって、

母親の愛情というのは

もちろん沢山の宝物として残るわね・・・

子供の成長って本当に早いのよ(^^♪

こないだまで赤ちゃんだったのに、

気が付いたらもう5才から6才くらいに育つの。

その頃の子どもは、

両親、周りの人たちとの関係の中から

自分の目を通して

数えきれないほどの学びを得ていくの・・・

小さな姿でも、自分の力で一生懸命に生きていこうと頑張り始めているのね♪♪

私たち親は、そんな自分の道【人生】を

歩きはじめようとしている子どもに

道標を指し示す役割があると思うの‼

その道しるべをどうやって示すか・・・

そう、その役割を担うのが「絵本」なの。

父性としての絵本 父として選ぶ絵本は幼い子供には宝物!(^^)!

子どものための絵本には、

面白いものがたりの中にそっと、そっと。

主人公のセリフやメッセージに

秘められたキラリと光る

人生の道案内がつづられているのよ(*’▽’)

そんな「人生の道案内」ともなる絵本は

やっぱり「きちんと」選びたいじゃない?

自分が伝えたい事。

見せたい世界。

心に持ってほしい「勇気」や「優しさ」。

もちろん成長していく中で

選び取っていくのは子供たちだけれど

「こんな世界があるんだよ」

「こんな選択肢もあるんだよ」

そういう「可能性」の提示は、親としてしてあげたいもの。

スポンサードリンク

それに、そうやってパパが選んでくれた本は

子供にとっても大切な宝物になると思うの。

そして、その絵本を通して

こどもに道案内を語るのは・・・そう!

そう!お父さんの役割なの・・・!

絵本の読み聞かせを父親がする効果って?

子供は、お父さんの膝の中で

どうしようもない安心感を感じるの・・・

お母さんの胸の中で安心している時と同じね。

そして、お父さんの口から紡がれる

絵本を読む言葉を通して

物語りの醍醐味を味わっていくのね・・・(*’▽’)

お父さんは、その絵本の

読み聞かせの時間の積み重ねを通して

今まで気付かなかった

息子さんや娘さんの一面に気付くことができるの。

子供を愛するということの尊さを感じて

あらためて深まっていく親子の時間の流れ・・・

そして、子供は、父親からの愛情を

パパの膝の上で感じていくのね。(*^^*)

父親と子供 絵本が育む信頼関係

このようにしながら、日々の愛情の積み重ねが

父親と子供との信頼を築き上げていくのね・・・(*’▽’)

パパと子どもの信頼は、

子どもにとっても消えることのない宝物として

ずっと残っていくのね・・・

そして、この幼少期の絵本の読み聞かせが

子供が思春期で悩んでいる時に

「パパときちんと向き合ってくれる」

という効果として活きてくるのよ!!!

幼い頃、父親のあぐらの中で

温かく包んでくれた愛情と信頼が

心の根っこに残っているの。

だからこそ、自分の悩みや葛藤など

大切な事をお父さんにも話してみようかなと

語り合うことができるのね(*’▽’)

大切な時に「子どもとのコミュニケーションが取れる事」。

これって、父親であることの役割を

果たす事に繋がると思うのね!(^^)!...

絵本の読み聞かせは父親が効果あり パパだからこそできる事!のまとめ

子供たちは、自分の心に残る

印象的な絵本や本を大切にして成長していくの。

成長をしながら、お父さんやお母さん。

おじいちゃん、おばあちゃんや

これから関わる全ての人や物に感謝をしながら

心豊かに、育っていって欲しい。

その一つの方法が

「お父さんの絵本の読み聞かせ」だとばぁばは思うの。

お子さんの健やかな成長を願って

小さな頃からの絵本の読み聞かせをお勧めいたします・・・(*’▽’)

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする