ホワイトデーにマシュマロはなぜ?日本に定着した理由や意味を考える | ばぁばの知恵のきびだんご

ホワイトデーにマシュマロはなぜ?日本に定着した理由や意味を考える

ホワイトデー マシュマロ なぜ

春の兆しを感じる頃になる3月。

もうすぐホワイトデーのイベントも近づいてきますね。(*^-^*)

バレンタインデーに、女性から男性へ、愛情表現の一つとしてチョコを贈る…

そして、そのお返しをするのがホワイトデーとされています。

私はバレンタインやホワイトデーが大好きなのですが…

ホワイトデーのイベントの意味などは知らず、ただお祭り感覚でホワイトデーのイベントを楽しんでいたんですね。

そこで、ホワイトデーのイベントの発生源などを調べてみました。

スポンサードリンク

ホワイトデーはなぜ出来た?由来や発祥は?

「なんでこのような楽しいイベントが始まったのかしら?…」

調べてみたところ、どうもバレンタイン発祥の欧米では、ホワイトデーをイベントとして行うことは恒例ではないらしいようですね。

では、なぜ、日本ではイベントとして恒例になったのでしょうか?…

ホワイトデーの由来については諸説がいくつかあるようですが…。

しかし、一つだけ分かっていることがあるんですよね。

それは「ホワイトデーの由来は日本」だということです。

ホワイトデーは日本発祥?

日本だけでなく香港や韓国でもホワイトデーはあるようですが、これは日本で産まれたイベントが、南アジア方面に広がっていったから始まったようですね…

では、どうしてホワイトデーは生まれたのでしょうか?…

その由来を、もう少し具体的に調べてみました。

1960年前後。

日本にバレンタインがイベントとして流行った頃は、男性がチョコレートを貰うだけで、お返しをする日なんてなかったんです。

そこで現れたのがとある「お菓子屋さん」。

初めに仕掛けたのは福岡市の老舗菓子屋『石村萬盛堂』さんです。

ホワイトデーを始めた人は福岡の石村萬盛堂さん

石村萬盛堂の当時の社長が、「なぜ、バレンタインデーのお返しの日が無いのか?…」と、不思議に思っていた時、にパラパラと少女雑誌をめくっていたら、こんな記事が目に留まったそうなんです…

「男性からのバレンタインデーのお返しがないのは不公平…

せめて、気持ちでいいからキャンディーやマシュマロなんかを貰えたらうれしいのに…」

石村さんは、この記事でヒントを貰ったんですよね…(^^♪

石村萬盛堂さんの明治時代からの伝統の味に、マシュマロ生地で黄身あんをくるんだお菓子「鶴乃子」という物があるのですが…。

これをきっかけに「男性から女性にマシュマロを贈る日にできないものか」と考えて、試行錯誤の結果、マシュマロの中にチョコレートを包んだ商品を販売することになりました。

バレンタインにもらったチョコレートを、

僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ

こんな意味を込めて3月14日を「マシュマロデー」と定めたんです。

数年後にはマシュマロの白(ホワイト)をもとに名称を、「ホワイトデー」に変更。

業界を越えてイベントが広がって行き今日に至ったそうなんです。(*^-^*)

スポンサードリンク

ホワイトデーのマシュマロの意味「嫌い」というのは間違いだった!?

このホワイトデーのイベントの発祥の石村萬盛堂が、数年前から

「嫌だなあ。3月14日に『嫌い』なんて」

というタイトルで、新聞に公告を掲載をされています。

お返しの定番「マシュマロ」には

「あなたが嫌い」という意味があるらしい。

こんな噂が広まった事に驚いた石村萬盛堂さんが、マシュマロに込めた本当の想いを伝えたいと始めたものだそうです。

バレンタインにもらったチョコレートを、

「僕のやさしさを、白いマシュマロで包んで返すよ。」

という意味を込めて世に送り出したはずのマシュマロのお返しが、

「君の気持ちには応えられないから、やさしさで包んで、そのままお返しするよ」と、解釈されているらしい。

「嫌いな相手に、嫌いだと伝えるための贈り物が存在する世界など嫌だ。」

と、石村萬盛堂さんは思われました。

また、新聞広告には秘話も含まれていて、人間の絆とは何か!をアピールしたくて広告をだしてあったことが解りました。

「ホワイトデーに合わせて新聞広告を出して4年目になります。

きっかけは東日本大震災でした。

当初は『ホワイトデーどころではない』と思っていましたが、

大切な人の遺品から自分への贈り物を見つけた人や、

被災地の友人から支援のお礼を送られた人の話などを聞き、

『絆を認識する日になればいいな』という思いで始めました」

また、 「実は私が日頃から思っていたことなんです。

『マシュマロ=嫌いの意味』として使われていることについて、

当初に込めた本当の思いを知っていただきたかったんです」…

そして、「お菓子は、食べてしまえば形は残りませんが、

立派なコミュニケーションのツールです。

身近な人のために『お返し』をするその気持ちで、何かが始まり、広がっていきます。

目の前の人と笑顔で過ごしていただきたいと思います」

(ホームページでホワイトデーの由来について説明)

出典:石村萬盛堂のホームページより

私は感心しながらこの記事を読みました。

そして、感動を感じました。

バレンタインデーのお返しとして始まったホワイトデーのイベントの真意を、改めて知ることになりました。(*^-^*)

マシュマロを渡す本当の由来はとても素敵なものだと思います。(^^♪

今や、マシュマロも色んなお菓子やさんで工夫を凝らしてあり、ホワイトデーにも結構お返しとして頂くんですよね…♪

ホワイトデーが流行った理由…それは日本人の「人情」ではないでしょうか?

ホワイトデーのイベントは、まあ、色んな説はあると思っております。

でも、イベントに楽しんで参加をする気質は、日本人の国民性からきているんじゃないかしらと思っています。

だって、日本人は人情が篤く、何か貰ったら気持ちだけでもお返しをする気質がありますよね…(^^♪

周りを見てみたら、結婚式のお祝い・出産祝い・季節の行事…など沢山の「お返し」の場がありますよね。

贈ったり、貰ったりの「交換のしきたり」と言えばそれまでなんですが…

そこに、日本人としての人情が垣間見える気がするんです。(^^♪

「人情」の単語を調べてみたらやはり奥深い意味があったんですよね…

1 人間の自然な心の動き。人間のありのままの情感。「やすきにつくは人情の常」

2 人としての情け。他人への思いやり。「人情の厚い人」「人情家」

人情は「人間らしい自然な感情」という意味になりますよね…(^^♪

特に「人に対する思いやりなどの気持ち」を意味するんですよね。

簡単に言えば「やさしい人」という意味なんですね…。

今回、ホワイトデーのイベントについて改めて由来を知り、そこに込められた想いや気持ちを知りました。

今までは「なんとなく楽しんでいた」ホワイトデーですが、優しい人になれるように、心を込めてお返しの品を探していきたいと思っております。(*^^)v

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする