こどもの日のちまきの由来 柏餅を食べる意味や菖蒲湯の入り方 | ばぁばの知恵のきびだんご

こどもの日のちまきの由来 柏餅を食べる意味や菖蒲湯の入り方

こどもの日 ちまき 由来

5月5日は子供の日!

鯉のぼりが空高く泳いでいますね。(´▽`*)

こどもの日は江戸時代には男児の節句として定着。

兜や武者人形を飾ったり、鯉のぼりを立てたりして男児の成長を祝います。

でも、子供の日は男の子も女の子も一緒に賑やかに楽しみたいものですよね…♪

ちまきや柏餅を食べて菖蒲湯に入って家族みんなで楽しむ子供の日。

でも、子供の日になぜちまきを食べたり菖蒲湯に入るのかご存知ですか?

スポンサードリンク

こどもの日のちまきの由来 なぜ食べるの?

こどもの日「端午の節句」のおやつと言えば柏餅や粽(ちまき)。

ばぁばも子供の日には、かなずちまきと柏餅を準備をしていました。

でも、「なんで柏餅や粽(ちまき)を食べるんだろう?…」って、

思われたことがありませんか?…

ちまきの由来は意外と古かったのです!

もち米を植物の葉で包み、蒸す・ゆでるなどをして食べる料理法は、なんと平安時代に中国から伝わったといわれているんです。Σ(・ω・ノ)ノ!

ばぁばは、大好きなちまきにそんな歴史があったなんて知りませんでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちまき・5本セット(2袋)【ちまき】【粽】
価格:2190円(税込、送料別) (2018/3/12時点)

ちまきは、もち米・うるち米・米粉などで作った餅を三角形のように作り、葉っぱで巻いてイグサで縛ったものですが・・・

実はこの葉っぱ。

ばぁばは笹だと思っていましたが、元々は茅(チガヤ)という葉で巻いていたそうです。

茅(チガヤ)の葉で作られられたため、

「チガヤ巻き→チ巻き→チマキ(粽・茅巻き)」になったといわれています。

ちまきの名の由来は、植物の葉から来ていたんですね。(^^♪

それが時代を経て様々な葉っぱで巻かれるようになり、今では笹の葉が一般的に使われているようですね。

実はこの笹の葉には殺菌・抗菌・防腐作用があります。

そのため、昔からおにぎりを笹の葉に包んで旅のお弁当にしていました。

保存食としても優れていることを古の皆さまたちは知ってあったんですね…♪

また、もち米はたんぱく質やでんぷんを多く含んでいて、消化器系を丈夫にして体力を強化する働きに優れています。

それに体を温める作用も高いので、冷え性改善にもなるんですね。

良いことだらけのちまきですが、もともとは中国から伝わってきたそうです。

中国には5月5日にちまきを作って災いを避ける風習がありました。

それが節句の行事とともに日本に伝わったのが始まりだと言われています。

ちまきの豆知識

また、当時のちまきには赤・青・黄・白・黒の五色の糸で結ばれていました。

この五色の色は魔除けの色とも言われていています。

『子供が無事に育つように』との魔よけの意味。

これが鯉のぼりの吹流しの色にも反映されて、現代のような色鮮やかな鯉のぼりが泳いでいるんですね。!(^^)!

青い空に泳ぐ鯉のぼりを眺めながら、お子さんたちにちまきの言われを話しながらちまきを食べるとさらに健康で、丈夫な身体作りができるように思えませんでしょうか?…

こどもの日に柏餅をなぜ食べるの?意味や由来は?

ちまきが中国伝来なのに対して、柏餅は日本独特のものだったのです。

何とも古く、江戸時代に江戸で作られていたそうなんです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

柏餅・10個セット【柏餅】
価格:2500円(税込、送料無料) (2018/3/12時点)

柏餅を包む柏は昔から神聖な木とされていました。(^^♪

また、新芽が出ないと古い葉が落ちないため、『子供が生まれるまでは親は死なない』とも言われていたんです。

それが跡継ぎが途絶えないことや、子孫繁栄に結びついて、端午の節句の縁起のいい食べ物となりました。

また、蓬餅(よもぎもち)の蓬は、昔から邪気祓いに用いられておりました。

邪気は香りの強いものに弱いとされていたので「端午の節句」には菖蒲や蓬で邪気祓いをしていたんですね。

あんこの入ったヨモギ餅や柏餅にも、子供の日ならではの意味があったんですね。

これからは、感謝しながらいただこうと思いました。(^^♪

スポンサードリンク

こどもの日の菖蒲湯の意味と入り方

端午の節句は住んでいる所によっては「菖蒲の節句」とも言われていますね。!(^^)!

先ほどもお話したように端午の節句には菖蒲で厄払いをしていました。

香り豊かで風情があるばかりでなく、厄除け効果も抜群な菖蒲。

だからこそ『菖蒲なくして端午の節句は成立しない!』とも言われているんですね。

菖蒲の葉っぱってどんなもの?

お風呂に入れる菖蒲はサトイモ科の植物なんですね。

ショウブと聞くとむらさき色の花を思い浮かべますが、実はあれは「ハナショウブ」と言われるもの。菖蒲湯のショウブとは違うんです。

ここで、花菖蒲と菖蒲の違いを説明をしておきますね。

紫系の美しい花で目を楽しませてくれる花菖蒲はアヤメ科の植物で、もちろん、端午の節句には飾ります。

しかし、花菖蒲を湯船に浮かべても、香りや効能を楽しむことはできないのですね。

お風呂に入れるショウブはこちら。

菖蒲にも一応花が咲きますが、花菖蒲のような華やかなものではなく、ガマの穂のような地味な花なんです。

その葉っぱに独特の芳香があり、茎や根っこに血行促進や鎮痛作用があります。

またその菖蒲はいろいろな楽しみ方があるんですよ。!(^^)!

その代表が菖蒲湯なんです。

菖蒲湯の入れ方と楽しみ方

沸かし湯の場合はお水を張ってその中に入れておきます。

お湯が沸き、段々熱くなりだしたら香りが増してきます。

菖蒲湯の香りを楽しむポイントはこの「熱いお湯」なんですね♪

給湯式の場合には、浴槽が空のうちから菖蒲を入れて下さいね。

やはり42度~43度の高めの温度で給湯して行くと香りが高まります。!(^^)!

ちょうどお湯加減が良くなったらお風呂に入ってくださいね。

そして、一本の菖蒲の葉を抜いて子供の頭に鉢巻みたいに巻きます。

「こうすると健康で頭が良くなるんだよ…♪」と、楽しいおまじないも忘れずにしてくださいね。

こどもの日のちまきの由来 柏餅を食べる意味や菖蒲湯の入り方のさいごに

ちまきに柏餅に菖蒲湯。

こうしてみると、子供の日って大人でも楽しめる特別な日ですね♪

ちょっとした行事ですが、こんな何気ない子供の日が毎年の宝の記念日になるんだと思います。

親子で触れ合ってこその宝物ができあがっていくんですよね…♪

大切に、楽しい子供の日をお過ごしくださいませ。(´▽`*)

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする