一年の計は元旦にありの意味 新年の目標の立て方と達成の3つのコツ | ばぁばの知恵のきびだんご

一年の計は元旦にありの意味 新年の目標の立て方と達成の3つのコツ

今年もわずかとなりましたね…

毎年恒例の元旦に『一年の計は元旦にあり』と思って、

新年の目標を立てる方も多いはずですよね。

しかしながら、三日坊主で諦めていくパターンが多かったのではないでしょうか?

「来年こそは、心機一転!。

ぜひとも実現してみたい目標を新年に掲げよう!…」と思ってある方に

お勧めのポイントをご紹介しますね *’▽’

スポンサードリンク

一年の計は元旦にありの意味って?新年に目標や抱負を立てるのには意味があった!

『一年の計は元旦にあり!』

これってよく耳にする言葉よね。

この意味には様々な諸説があるのだけど…

『一年の計は元旦にあり』の習わしは、

「一年の始めとする元旦に、その年の目標とか計画をきちんと立てる方が良い」…

ということ!(^^)!

要は・・・

『何かを始めようと思うなら、早い方がいい

大切な事は、きちんと計画を立てて取り組みましょう』

という事ね。

年の初めに、その年の目標を立て、

一年間努力を重ねてさらなるパワーアップした

自分を創って生きていくこと…

これって、人生や人間に深みを出すために

とっても大切な事よね。

そして、目標をきちんと進めるには計画が大事。

だって、計画をきちんと立てていないと、

何事もうまく進める事ができないものね。

ばあばは今までの人生を通して

『一年の計は元旦にあり!』を実践することは、

実際に大きな効果を得ることに繋がる…と、教わったの。

60数年生きてきた今、確かにそうだなって

身に染みて感じているの。

なぜ新年に目標や抱負を立てると大きな効果があるの?

まずは、「タイミングの効果」よ。

新しい目標をはじめるには、時間的なタイミングが大事。

心機一転してモチベーションを高めるタイミングは、

元日や誕生日など…自分にとっても大切な日がタイミングが良いのよ!

仕事や家事に追われる毎日の中で、忙しく流れていく日々。

そんな中で「先の事」を考える事って難しいのよね。

長期的な目標を立てる事って

自分が成長するために必要な事なんだけれど・・・

それがなかなかできずに、

ダラダラと「去年の延長」を過ごしてしまうのよね。

新年の目標『一年の計は元旦にあり』のは理念は目標達成につながる

だからこそ、意識して「先を考える日」を作ることって大事なの。

そして、自分にとってサラサラと流れていく日常生活の中で、

明らかに特別な意味を持つ大切な日。

その日に「目標や抱負」を立て、達成を誓うことで

きちんと立てた目標をクリアすることができるのよ。

それに、自分にとって重要な大切な日に、

自分の目標や思いなどを一度リセットすることも

大切なことなのよね。

そうして立てた目標を

次の3つのコツを意識して取り組む事。

そうすることで、ばぁばは1年前の自分よりも、実りある自分になっていたのね。

節目となる日に自分を振り返る「一年の計は元旦にあり!」。

この効果って本当にあるんだわと教えてもらったわ。(*’▽’)

スポンサードリンク

新年の目標を達成するための3つのコツ

まずは年初めの元旦に、目標をきちんと立ててみましょうね。(^^♪

ばぁばはね、目標をたてることは得意なんだけれども

三日坊主の見本でもあるの…

そこで、三日坊主になりにくい

ばあばが思う、目標に向けて日々を過ごす3つの方法を紹介するわね。

 1.長い目標と短い目標を持つ

1ヵ月とか10日とかの比較的短い目標、

3ヶ月単位の目標、半年ごとの目標、

目標の期間を細分化してみるとうまくバランスが取れて進められるわ。

『やってみたいけど、自分には難しそう…』

そう思えるものでも、目標を細分化して、

具体的に自分が出来る事

自分がやらなくちゃいけない事を細かく設定することで

「これなら自分にもできるかも!」と思えるの。

そうして、ひとつひとつ。

小さな目標を達成している自分を見る事で

自信とやる気もついてくるのよ。

2.友人とかに宣言する、あるいは誰かと一緒に目標に向かう

家族でもいいのですが、友達とかに宣言するのは

「言っちゃった…取り組まないと恥ずかしいなぁ~」というのが

良いモチベーションになるわ。

また、一緒に目的に向かう仲間がいることはお勧めよね(*’▽’)

共有していると、お互いに励まし合いながら進んでいけるので

常にモチベーションも維持できると思うのよね。♪

3. 三日坊主だって、途中サボったって、また始めればいいと思うこと

真面目に考えすぎると、一度サボってしまうとそれだけで自分を責めたり、

もうだめだと思ったりしがちよね。…

でも、三日坊主だろうが四日坊主だろうが、

また始めれば全然構わない!

それだって継続だ!

…と思えば、気持ちも楽になり結構続けられると思うのね。

この3つを意識することで、やる気を持続させることができると思いますよ!

新年の目標が見つからない時は「反省」を目標にしてみよう

どうしても達成できそうな目標が見つからない場合は

自分の過去(たとえば去年)を振り返ってみてはどうかな?

ノートを用意して、過去にあったこと(失敗や成功)を書き出してみるのね。

書き出した内容を思い出しながら反省してみてね。

「こんなにあっさりとあきらめていたのか…こんなことでは新しい自分をつくれないな…」

などのいろいろな自己点検評価ができるわよ(*’▽’)

そして、反省したことを目標にしてみたら案外と計画が立てられるのね。

  • 過去の失敗や成功を書き出す
  • 書き出した内容を元に反省
  • その反省や改善を目標にする

過去を振り返って、反省して、目標にする。

英語をマスターする・ダイエットをしてみる・書道教室に通う・

友達を増やしたい・家族と一緒に旅行をしたい…などなど

目標をたてる際の参考になれば幸いです。

一年の計は元旦にありの意味 新年の目標の立て方と達成の3つのコツのまとめ

ばあばはね、パソコンが上手になりたい・沢山の映画をみたい

温泉旅行をしたい・水泳教室に行き足腰を鍛えたい…

ドンドンと目標がでるわね(*’▽’)

新年を迎えるにあたり、ワクワクしてこない?

もっともっと輝かしい自分づくりにトライする絶好のチャンスが、

『一年の計は元旦にあり』‼

清々しく、凛とした元旦…

素敵な一年になりますように…(*’▽’)

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする