子どものお年玉を親が使う…生活費に充てた親と子の気持ちと体験談 | ばぁばの知恵のきびだんご

子どものお年玉を親が使う…生活費に充てた親と子の気持ちと体験談

もうすぐお正月!…

なにかしらワクワクしながら

新年を迎える準備をしている人が多いと思うのよね。^^♪

でもね、ばぁばは毎年、お正月が近づいてくると胸が痛むことがあるのね…

スポンサードリンク

お正月にお年玉をもらう子どもの喜びの顔

子供たちはお正月に頂くお年玉を

ワクワクしながら待っているわよね…

ばぁばの実家では、毎年お年玉を渡す時の決まりがあったの。

お節をいただく前に

おじいちゃん、おばあちゃん、

おじちゃん、おばちゃんや親戚の人達からそれぞれ

「はい○○ちゃん、明けましておめでとうございます」と手渡されるのね。

それに対して子供達は、

「ありがとうござます」とお礼をちゃん言いながら

嬉しそうにポチ袋を開けていたのね (*’▽’)

だから当然、私も家では夫から

「はい、○○ちゃん」と渡してもらっていたのね…。

ここまでは普通の光景よね。

そして、子供たち同士で楽しそうにポチ袋を開けては、

「わあ~たくさんもらったね…これで欲しかったものを買いにいこうよ…♪♪」

と、みんなで一緒に喜んでいたのよ…

子どものお年玉の管理 みんなはどうしてる?

子供のお年玉の使い道。

これって家庭によってさまざまだとは思うの。

いろいろと話を聞くと

親が上げるお年玉は自由に使わせたり、

そのほかの親戚から頂いた分は

すべて貯金にすることが多いようね。

それで机を買ってあげたり、

中学や高校、大学や専門学校の入学資金などに使ったり。

又は、子供用の貯金通帳に入れている家庭もあるわよね。

1月に入金しておけば後で見てもお年玉だなとわかるし、

お年玉以外に頂いた子供へのお祝いなどは、

鉛筆で通帳の同じ行にお年玉、七五三祝いなど書いて

きちんとした管理を工夫してある両親も多かったの。

そして、子供がお年玉を貰ったら

まず子供と「このお年玉をどう使い活用したらいいか」

話し合う親も多いそうよ。

バランスをみて「貯金する」

「欲しいものを買う」など決めていきながら

シッカリと金銭管理を教えている家庭もあるみたいだけど…

お年玉を通してお金の大切さを伝えるって素晴らしいと思ったわ。*’▽’)

子どものお年玉は親が使っても良いのかしら?

ばぁばは、結婚して主人の両親と同居していたのね…

結婚をしてから解ったことなんだけれど、

主人の両親がお金遣いが荒くて

多くの借金をしていたのよ…

ばぁばも働きながら

生活費の足しにしてはいたけれど、

主人の両親が病気で入院したり、

主人が職場を変えたりと、

生活費がコロコロと変化していくのね…

子どもを育てながら

生活費の工面に必死の日々が続き、

実家の両親に何度も泣きついて

助けてもらった事もあったわ。

まあ、俗に言う貧乏な家庭だったのね…

主人も何とかしたいと思い、

眠る暇もないくらい働いてくれたけど

生活費はマイナスだったのよ。

だから、ばぁばは…とんでもないことをしていたの!

ナントね…子供たちが高校生くらいまでは

子どものお年玉を預かって、

貰った金額の3分の1を子どもに渡して

残りの大半は生活費に充てていたのよ…(~_~;)

子供たちも成長していく中で

スポンサードリンク

「貧乏な家庭だから仕方が無い」…と、

思ってはくれたらしいけれど。

貧乏な理由をいくら並べても子どもには、

悲しくて辛い思いをさせてしまったの…(-_-;)

『子供のお年玉を生活費に使う親ってどうなのかしら?』

気になって友達に相談をしたのね…

すると、いろんな意見をアドバイスをしてくれたの。

「 出産祝い、入学祝、七五三、

お年玉、すべて子どもの通帳に貯金して、

そのまま結婚する時に持たせるとかが普通じゃない?」

「 うちも貧乏だけど、

お年玉は全て子供の口座に入れてる。

貧乏だけど、大きくなったら

沢山お金が入った通帳を渡してやりたいからさ。

生活費カツカツなのは

親が我慢してけばいい。

子供は巻き混みたくないよ!…」

「 たとえ養育費であっても、

子どものお年玉を親が「勝手に」使ってしまうと、

子どもからすればそれはショックなんじゃない?」

さまざまなご意見を聞かせてもらいました。

一方、こんな意見もあったの。

「生活が苦しいのなら、

子供のお年玉でも使っていいと思う。

我慢して借金を増やすなんて本末転倒でしょう?」

「私もお年玉は1万円だけ貰って、後は母が使ってた。

お年玉ってそういうものだと思ってた!」

本当にいろんな考えがあるのよね…。

ばぁばもいろいろと考えたけれど

子どもにとっては大切なお年玉。

子供たちはどう思っていたんだろうって

息子と娘が大人になってから聞いてみたの。

親にお年玉を使われた子供の気持ち

そしたらね…

「当時は、なんで自分がもらった

お年玉を使えないのか

確かに不満に思ってたこともあったけど…

今は何とも思ってないよ。

家が苦しいのはわかってたし。

お母さん達が

『子供のお年玉は親の物だから当然!』

なんて気持ちで使ってたわけじゃないって事もわかってたからね。」

「でも、子供って親が思っている以上に

いろんな事がわかってるじゃない?

『なぜお年玉を全部渡さないのか』

ちゃんと言われた方が、

もっと理解も納得も出来たかもしれない」

って、言われたの。

確かに!…って思ったわ。

本当に子供を愛しているならば

子供の信頼を失うような事はしちゃいけないんだなって。

身に染みて体験をしましたね…m(__)m

子どものお年玉を親が使う…生活費に充てた親と子の気持ちのまとめ

結果的に子供たちは納得してくれてるけど

やっぱり新年が近づいてくると後悔の思いをするのね…

子供たちが言ったように…

なぜお年玉を全部渡さないのか

生活費として使ってもいいかな?

…と、きちんと話をしていれば良かったなって、今は思うわ。

唯一の救いは、そんな子供たちが

だらしないばぁば夫婦のことを労わってくれること…

本当に感謝をしております。

今どき、古くさい経験かもしれないけれど

同じように、子供のお年玉を使う事に

悩んでいらっしゃる方がもしいるのならと

体験をまとめてみました。

何かしらの参考にしていただけたら幸いです。

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする