熱中症の水分補給 経口補水液とスポーツドリンクの違いやタイミング | ばぁばの知恵のきびだんご

熱中症の水分補給 経口補水液とスポーツドリンクの違いやタイミング

毎日毎日暑いですね!・・・”(-“”-)”

夏になるとよく「熱中症で脱水症状で倒れる…」などのニュースを見かけますよね。

熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時に起こりそう…

外に出ないから大丈夫!なんて思ってしまいがちですが・・・

屋外だけでなく、蒸し蒸しとした高温多湿の室内でも発症するケースも多いそう。

また、体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こりやすいそうですよ。(@_@;)

症状が深刻な時には、時には命に関わることもある熱中症!

でも、何か一つでも正しい知識があれば予防することができると思います。

熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけていきたいですね。!(^^)!

今回は、その熱中症の原因や予防対策として、体にとって大切な水分補給についてご紹介を致しますね。

スポンサードリンク

熱中症はなぜ起こる?なりやすい時期はいつ?

私たち人間には、環境により体温を調整する機能が備わっています。

暑いと感じると、皮膚に血液を分散して体温を下げる働きなどですね。

でも、温度調整といってもその幅は思ったよりも狭く、36℃から37℃程度の範囲 なんです…

だから、体温が上がり過ぎて体内の水分と塩分のバランスが崩れたり、体温調整ができなくなったりすると、めまいや、けいれんなどの症状が発生するんですね!

これらの症状がいわゆる熱中症なんですね。(+_+)

熱中症になりやすい時期はいつ?

では、その熱中症は一体どんな時になりやすいのでしょう?

調べてみると、ただ単純に「暑い日」というわけではないようでした!

梅雨の晴れ間や梅雨明けの急に暑くなった時

梅雨の晴れ間や、梅雨明けの蒸し暑くなった時期にも熱中症は多く見られています。

この時期は身体がまだ暑さに慣れていない時期…。

その為に、体が上手く汗をかくことができないんですね…

だから、体の機能として体温をうまく調節できないそうなんです!

確かに…梅雨の時期って、気温の変化がコロコロと変わってきますよね。

私もクーラーをつけたり消したり、洋服を着たり脱いだりと何かと気を使っています。

真夏の気温が高い時…

真夏、7月~8月の日中はグングンと気温が上がっていきますね。

気温の上昇する午前11時前後から温度計もグングンとヒートアップ!!

そして、疲れが出やすい午後3時頃にはピークになるそうなんです。(;^ω^)

また熱帯夜が続くと、夜間も体温が中々下がり切れずに体温が高いままの状態になってしまいます。

この体の体温が上がったままの時に熱中症が起こりやすい状況なんですって!…

だから、極暑の環境にある方たちは、誰にでも熱中症は起こりえることかもしれません。

熱中症に水分補給で飲み物がなぜ大切なのか…

私は、梅雨の時期から夏場の間が年間で特に体調が悪いので点滴などを打つ時もあります。

そこで、かかりつけの先生に、症状を訴えてみました。

ふしこ

めまいや立ちくらみがして、頭がガンガンして辛いんです…。

なんだか体が重くて食欲もないですし、座っているだけでも大量の汗をかくんですよね。

と、身体の変調を言いました。

先生は、そうなんですね…辛いですよねとうなずきながら、この時期には貴女のような症状を訴える患者さんが多いとも言われました。

極めて暑い環境の中では、多くの方が大量の汗をかきます。

それによって、体の機能として大量の汗によって水分と塩分が失われてしまいますよね…

体がこのような状態になったとき、脱水症状が起こりやすくなるんです。

この状態が続くと、体にとっては悪い症状が出るんですよ…

そこで計画的に適度な水分・塩・ブドウ糖などを補給していくことが大切なんですね。

私はいつも喉が渇いたら飲み物を飲んでいましたが…計画的な水分補給が必要なんだそうです!

そうなんだ…!水分補給って本当に大切なんだって改めて思い知らされました。

熱中症対策に水分補給がなぜ大切なの?

水は、生命を保つうえでとても重要な物質でこんな機能があると先生から教わりました。

栄養素や酸素を運ぶ

老廃物を排出する

体温を調節する(冷えた水を飲むことで体温を下げる効果もある)

体のさまざまな機能を維持する

夏場に体の機能を維持するのにとっても大切な機能ですよね。

だから水分調節を上手にしないと脱水状態を招くんだ!…と、熱中症の予防対策には水分などの不足がが原因って言われていることにも納得しました。

では、効果的な水分補給対策を教えて貰いましたので紹介を致しますね。!(^^)!

スポンサードリンク

効率的な水分補給…♪

こんなに暑いと冷たい飲み物とかがのど越しが気持ち良いですよね…(^^♪

でも、水分補給として一度に大量の水を摂取すると、

かえって体内の電解質バランスを崩して体調不良を引き起こしてしまうそうなんです!

飲む量としては、かいた汗の量を目安にした方が体にとっては効果があるんですね。

「ええ、そうなんだ…」と、私は反省しまくりです。(ーー゛)

実は、私は汗をタップリとかいたらゴクゴクと冷たい麦茶を飲んでいたんです。

大切なことは汗で失われる塩分もきちんと補給することを教えて下さいました。!(^^)!

熱中症の水分補給の飲み物は何がおすすめなの?

水分補給が大切なことはわかりましたが、ここで一つ気になることが…

ふしこ

先生。

私は、よくペットボトルの水を飲んでいるんですが経口補水液などが流行っていますよね?

何か、違いとかあるのでしょうか?…

と質問をしました。

先生の説明によると、人の体は夏場では、1日2ℓから2・5ℓくらいの水分を排出しているんですって…(汗や尿として)

ふしこ

なんとまー、2ℓのペットボトル1本分(゚д゚)!

かなりの水分が外に出ているんですね!!

また、私たちの身体には、約0.9%の食塩水と同じ浸透圧の血液が循環しているとの事。

滴る汗をなめてみたらしょっぱい味がしませんか?

そうなんです!…汗にはナトリウムが含まれているんですね。

大量に汗をかいてナトリウムが失われたとき、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まり、これ以上ナトリウム濃度を下げないために体の神秘的な機能が働くそうなんです。

それは、体が水を飲む気持ちがなくなるんだそうです。Σ(゚Д゚)

本当に、人間の体って言葉では表現できないほどの機能が備わっているんですね。

塩分(ナトリウム)と糖分を含んだ水分補給が効率的

先生の説明は続きました。

経口補水液ですか?…良いと思いますよ。

今は色んな効果的のあるスポーツドリンクや経口補水液がお店に並んでいますよね。

熱中症の予防に効果的な飲み物は、塩分を適度に含んだ飲み物です。

経口補水液とは飲む点滴に相当する

先生のお話を要約すると…

・ 経口補水液とは、ナトリウムなどのミネラルと糖分などがバランスよく配合された飲み物

・ この関連の商品は、消費者庁による『特別用途食品個別評価型病者用食品』の表示許可を受けている

・ 用途としての経口補水液は下痢・おう吐・熱中症による脱水症を改善するために使用する飲料

・ 細胞内にまで水分を与えるには、ナトリウム・ミネラル・糖分を同時に摂取する必要がある

・その為に必要な塩分や糖分が理想的な比率で配合されていることから飲む点滴ともいわれている

…と、熱中症などの症状などで、軽度から中等度の脱水状態の方の水や電解質を補給・維持するのに適した飲み物だそうです。

コンビニやドラッグストアでも頻繁に見かけるので、その存在は知っていましたが…

私のような高齢者には、家に常備しておきたい飲み物だなぁと思いました!

ただ、「飲む点滴のような物」という事で、塩分などの成分も普通の飲み物よりも高いよう。

普通の水や飲み物と同じようにごくごくと飲むものではなく、少しずつ摂取するものなのだとか。

「小さなお子さんや高齢者の方は体の状態を考えながら、かかりつけの先生に相談をされた方がいいと思いますね。」と、詳細にわたり説明をしてくださいました。(^^♪

熱中症対策の水分補給にはアイソトニック飲料がおすすめ

普段の水分補給であれば、経口補水液ではなく「アイソトニック飲料」も良いとのことでした。

アイソトニックとは、人間の体液の浸透圧とほぼ等しい飲料の事です。

ポカリスエットや、アクエリアスのようなスポーツドリンクなどが代表的ですよね。

アイソトニック(英: isotonic)は、等張性・等浸透圧性の意。

栄養学で、体液にほぼ等しい浸透圧を持つ電解質のこと。

「 アイソトニック飲料」「アイソトニック・ゼリー」など。 …

アクエリアス、ポカリスエットなどのスポーツドリンクが代表的。

アイソトニック – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/アイソトニック

これらは体液とほぼ同じ浸透圧に調整されている飲料でアイソトニック飲料と言います。

発汗により失われた水分、イオン(電解質)をスムーズに補給するための健康飲料です。

体液に近い成分を適切な濃度で含んだ電解質溶液ですので、体内にすばやく吸収されていく特徴をもっていて、汗をかいて失われたミネラルの補充に適する飲み物の事なんです。

そのため、スポーツや仕事のとき、お酒を飲んだ後や入浴・就寝の前後など、様々なシーンにおいて渇いた体を潤すのに適しています。

夏場は特に「2時間に1回は水分を取る」など自分で目安を決めて意識して水分補給をすることが大切です。

また、外仕事や作業で汗をかく場合は「30分~45分に1度は必ず水分を摂る」など、より計画的な水分補給が重要なんですね。

…とお話してくださいました。

ふしこ

熱中症対策には、このような飲み物を定期的に意識して摂取することで、脱水症状や熱中症の予防になるんですね。

熱中症の水分補給 経口補水液とスポーツドリンクの違いやタイミングのまとめ

水分補給をするときは、発汗で失ったミネラルを補えるように塩分が含まれている飲み物を、定期的に摂取することが重要なポイントなんですね。!(^^)!

また気温がそれほど高くない日であっても、湿度が高い日や急に暑くなって体が暑さに慣れていないときにも注意が必要なことなんですね。

私は、室内でクーラーなどがを使って過ごす時間が長いので、涼しいから…とは思わずに、空気が乾燥するのでこまめな水分補給を心がけていきたいと思いました。!(^^)!

熱中症の予防には、水分補給がかかせません。

毎日の生活で水分補給を意識していきながら熱中症の予防対策をしっかりとしていきたいと思っております。

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする