赤ちゃんの絵本のおすすめ 1歳に読んでほしい人気の3冊の秘密 | ばぁばの知恵のきびだんご

赤ちゃんの絵本のおすすめ 1歳に読んでほしい人気の3冊の秘密

赤ちゃん 絵本 おすすめ 1歳

ばぁばは、昔、『絵本の読み聞かせ』の

ボランティア活動をしていたのね…♪

年齢別に適している絵本を選び内容を学んでいきながら、

あちらこちらで、絵本の読み聞かせをしているとね

子どもたちの顔が変わっていくの…(*’▽’)

2か月から6ヶ月くらいの赤ちゃんって

絵本を読んでもわからない…って思いがちだけど

ママたちのお膝に抱っこしてもらいながら

その目は絵本に向けられているのよ。…♪

色んな絵本が溢れている中で、どんな絵本を選び、

どんな絵本が子どもへの情操教育に繋がっていくのかを、

ピックアップしていきながら

0歳から1歳の赤ちゃんにおすすめの絵本をご紹介いたしますね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの絵本のおすすめ 1歳に人気の3つの絵本

0才から楽しめる!『はらぺこあおむし』 どうしてこんなに人気があるの?

1976年に日本語版が発売されてから、

50年以上のロングセラーの絵本。

世界中で愛されている、『はらぺこあおむし』。

いつの時代も「良書」と言われているけれど

この絵本が人気の秘密ってどこにあるのでしょうね?…

ママさんたちも、

「小さい頃に読んでもらった!」という方も多いと思うの。

保育園や幼稚園には必ずと言っていいほど置いてあるし、

出産祝いとしても大人気の絵本なのよね。

はらぺこあおむし4つの魅力!

暖かな日曜日の朝、たまごから生まれたのは、ちっぽけなあおむし。

あおむしは、お腹がぺっこぺこ…。

魅力1:穴の開いたしかけのページ

これが、まだお話を理解できない小さな子どもたちや、

あかちゃんをも虜にしてしまうのよね。(*’▽’)

指を入れたり、めくったり…

文章がわからない赤ちゃんにとって

こうしたことが絵本に親しむきっかけにもなっているのね。

魅力2:力強いストーリー

ちっぽけだったあおむしが、

ぐんぐん大きくなっていき、

最後には美しいちょうになるという展開は、

何度読んでも元気と希望をもらえるの。

読んでいて、お母さん達が…

「楽しい」「好き!」と思うお話になっているのも人気の理由の一つね。

スポンサードリンク

魅力3:エリック・カール作品の大きな魅力の一つでもある美しい色彩!

子どもたちの大好きな食べ物はどれも美味しそう。

あおむしを見守るおひさまは優しく、

ちょうちょはうっとりするほど美しく描かれているの。

その世界観こそが、登場する全ての

キャラクターを生き生きと輝かせているのよね。

大人が見ても、感じる「の美しさ」。

そこには何か神秘的なものを感じます。

魅力4:数字や曜日、一日の始まりと終わりが登場

『何曜日に何を何個食べたんだっけ?』

絵本を通して、親子でいろいろな

質問やクイズができる内容のはらぺこあおむし。

絵の美しさ、仕掛けのおもしろさだけじゃなく

年齢を経ても、ずっと興味を惹かれる内容になっているのも、

ロングセラーとして愛され続けている理由よね。

小さなあおむしが、卵から幼虫、

さなぎ、蝶へと変化する様子を描いている本なのだけど、

単なる知識絵本ではないことが

ママたちの魅力となっているの。

なにより。

ママたちが育児をしていく中で、

思うようにいかないとき。

そんな時に、あおむしさんと、自分を重ねながら元気と希望を、

自然に培っていく事もできる絵本なのね。!(^^)

赤ちゃんの絵本 0歳から楽しめる「いないいないばあ」

ばぁばが、毎日、楽しんでいた絵本

「いない いない ばあ」でした。

息子と娘にも毎日毎日読んで聞かせていたの。

声に出してわかる、その響きの優しさ。

何回もめくってみてわかる、

あかちゃんが喜ぶ絵本のつくりが本当に素晴らしいの。

ではご紹介致しますね。!(^^)!

いないいないばあが人気の秘密

いない、いない、ばあ。

にゃあにゃが、くまちゃんが、ほらね、いない、いない……。

この作品は、松谷みよ子さんの代表作品ともいえる、

1967年初版の大ロングセラーです。

赤ちゃんが生まれて初めて出会う

「ファーストブック」は色や言葉のリズムが大切。

お母さんが、赤ちゃんに繰り返し、

「にゃあにゃあが、くまちゃんが、ほらね、いないないばあ」と、

何度も言葉がけができるのが

この絵本の魅力の一つだと思います。

その安定した笑顔の繰り返しがこの絵本の一番の魅力です。

この絵本にはモーレツなファンがいるんだけど

そんなママたちからの感想をちょっとまとめてみました(*’▽’)

「いないいないばあが大好きな0歳児の娘に、この本を読み聞かせると、

「ばあ」のところで、私が笑顔でオーバーに読むと、娘はニコニコ。

絵本って、親が楽しまなければ、子どもの心には響かないのだなぁ。~」

「何度か読み聞かせていると、

私が「いないいない」というだけで、

娘は何かを私に期待しているのがわかります。

娘が自分でページをめくり、これらの動物と「いないいないばぁ」を楽しんでいます。

顔が変わったとたんに、娘は「あっ」といいながら、喜んでいます。

娘はとてもこの絵本が気に入っているようで、

何度も絵本を広げながら、1人で遊んでいる様子が可愛いですね。」

赤ちゃんをみると、ついつい

「いないいないばあ」としたくなるけれど…

それって、「ばぁ!」の瞬間の

赤ちゃんの天使みたいな笑顔を見たいからなのよね。

「いない いない ばぁ」の絵本は

お母さんと赤ちゃん。

どちらも笑顔になれる

お薦めの絵本なんですね。(*’▽’)

赤ちゃんにおすすめの絵本 しろくまちゃんのほっとけーき

次にお薦めしたいのが、『しろくまちゃんのほっとけーき』の絵本です。

まあるくて、大きくて、ふわっふわのほっとけーき。

焼きたてほかほかのほっとけーき。

おともだちと一緒に食べるほっとけーき。

子どもたちはホットケーキが大好きです。

もちろん「おいしいから」。

でも、こんなにみんなが大好きなのは、

それだけじゃないのでしょうね。

誕生から40年以上も経つロングセラー絵本

『しろくまちゃんのほっとけーき』には、

子供たちの「大好き」の理由がたくさんつまっています。

お手伝いをしながらほっとけーきを作る喜び…。

ほっとけーきが完成していく様子をみる喜び。

『ぽたあん 」

『どろどろ 』

『ぴちぴちぴち』

『ぷつぷつ』

(…もう音を聞いているだけで涎が出て来ちゃいそう。笑)

そして、「おいしい」をおともだちと共有する喜び。

(自分でつくったことをほめてもらったりしてね)

鮮やかな「オレンジ」色で描かれた

そんな数々の名場面は、

子どもたちの心に強烈に印象に残るのよね。

赤ちゃんの頃に自然と植え付けられた「楽しい美味しい気持ち」。

そのワクワクの気持ちは大人になっても

色褪せることはありません。

赤ちゃんの絵本のおすすめ 1歳に読んでほしい人気の3冊の秘密のまとめ

「子どもがはじめて出会う絵本」

「子どもがはじめて出会うおともだち」。

今回ご紹介した3冊は

「子供にとって一生の絵本を作りたい」

と、大人たちが真剣に考えて作られた

かけがえのない 親と子の宝を創る 架け橋』

だと思います(*’▽’)

まだ読んだ事がないお母さん。

ぜひ一度、手に取ってみられてはいかがですか?

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする