餃子のタレがいらない「ばってん餃子」が美味しい!【九州の味】 | ばぁばの知恵のきびだんご

餃子のタレがいらない「ばってん餃子」が美味しい!【九州の味】

ばってん 餃子 口コミ

近頃の道の駅や野菜の直売所は、地域の名産品や農家さんのお野菜が豊富!

その町の特産物だけでなく、同じエリアの都道府県の名産なども取り扱っていて、手軽にお取り寄せも楽しめるところも多くて楽しいですよね。

私の住んでいる福岡の直売所でも九州各地の名産品などを取り扱っていて、同じ県内でもお土産として頂くこともあります。

先日、道の駅や直売所で販売されているらしい「ばってん餃子」という冷凍餃子を頂く機会があったのですが、その餃子が、ポン酢やタレいらずな、とっても美味しい餃子だったのでご紹介します♪

スポンサードリンク

餃子のタレがいらない「ばってん餃子」とは…?

「ばってん餃子」とは、熊本県のタイガーフーズさんという会社が作っている冷凍餃子です。

近所の野菜直売所、福岡県内の複数の道の駅でも見かけたのですが、調べたところネットでの通信販売も行っていました。

  • タレなしで食べられる餃子
  • 九州産の黒豚入り、特製ブレンド小麦の皮、沖縄産の塩、国産野菜などを使用
  • 焼き餃子でも水餃子でも美味しい

こんな特徴の餃子なんです。

ふしこ

工場直送の生餃子で、保存方法は冷凍保存。

冷凍庫に入れておくと重宝するタイプのおかずです♪

餃子でタレなしでも美味しい「ばってん餃子」の美味しい焼き方!

「ばってん餃子」は、購入すると美味しい焼き方の紙もついてくるようです。

このように、パッと見てすぐわかる美味しい焼き方が書いてあるので、美味しいお取り寄せも簡単に美味しく食べられます。

餃子 タレなし 美味しい

実際に私もこの焼き方を見ながら焼いてみたのですが、とっても美味しく焼きあがりました♪

焼き方は、今まで私が焼いていた餃子の焼き方とは少し違っていて、お水の量がとっても多いんです!

凍ったままのばってん餃子を熱したフライパンの上に乗せ、餃子が2/3くらい浸かる程の水を入れます。

ばってん餃子 焼き方

今までも、焼き餃子では水を使って蒸し焼きにはしていましたが、これほど大量の水を使うのは初めて!

水餃子のようにならないかしら…?と心配ですよね(笑)

その後、沸騰したら蓋をして約4分ほど蒸し焼きに。

ばってん餃子 焼き方

この段階で、にんにくやニラの良い香りが、フライパンの蓋から蒸気とともに溢れてます。

今までも美味しいお取り寄せ餃子はいくつか食べたことがありますが、この段階での香りは抜群です♪

4分たったら、余分なお湯を捨て、餃子の上から少しの油を回しかけ、強火で2~3分、こんがり焼き色がつくまで焼きあげたら完成です!

餃子 そのままでも美味しい

外はパリッと、中はジューシー!

ポン酢やお醤油をかけなくても、中のお肉とお野菜にしっかり下味がついていて美味しいんです♪

餃子 タレ無し おいし

皮は薄めでパリッと香ばしい感じ!

中の具材はパンパンというわけではないのに、濃い味付けがされています。

餃子のタレがいらない「ばってん餃子」が美味しい!九州の味】のさいごに

頂き物で初めて食べた「ばってん餃子」でしたが、普段からお醤油やソースなどを使わない私にとっては、本当に美味しい餃子でした。

主人曰く、「セブンイレブンの冷凍餃子以上にしっかり味がついている!」とのことでした。

素材の味をそのままで楽しめますし、タレをかけられない水餃子やスープなどでは、こうした下味がしっかりついた餃子は重宝しますね♪

ずっと食べていると、味が濃く感じるので、最後はレモン汁やゆず果汁をかけると、またさっぱりとしたお味になりますよ♪

ふしこ

餃子好きの方や、大抵の餃子は食べ飽きたという方。

道の駅や直売所によく足を運ばれる方は、一度お試しくださいませ♪

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする