七五三の祖父母(両親)からのお祝いは現金か品物かどっちがいい? | ばぁばの知恵のきびだんご

七五三の祖父母(両親)からのお祝いは現金か品物かどっちがいい?

子供の成長を祝う秋の風物詩の七五三の行事を迎える頃となりました。

神社で華やかな振りそでの女の子や、凛々しいはかま姿の男の子の姿を見ては思わず微笑んでしまいます。

パパ、ママたちは、我が子の成長に嬉しそうですね。

そして、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんにとっても嬉しいお祝事ですね。

いろいろとお祝いを準備してくれる祖父母も多いかと思います。

でも、初めての七五三だといろいろと悩むこともありませんか?

そこで今回は七五三に関する豆知識と共に、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんたちからのお祝いについても調べてみました。

スポンサードリンク

七五三の由来やなぜ11月15日にお参りするの?

七五三と言えば、子供の健やかな成長を祈念してお祝いをする行事ですね。

日本の昔からの風習が今でも伝わる伝統的な恒例行事となっています。

七五三のお祝いの由縁は?

子どもの健やかな成長をお祝いする七五三ですが、歴史は意外と古いんです。

平安時代のお公家さん達は、子どもの成長の節目のたびに健やかな成長を願いながら多様な儀式を行っていました。

江戸中期頃には、この習わしが武家や豊かな商人の間で広まり、歴史と共に定着してきた三つの儀式があります。

 髪置き

数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とされ、主に女児が行います。

(最近は男児が行う場合もあります。)

江戸時代では、3歳までは髪を剃る習慣があったため、その習慣を終了する儀式の事です。

袴置

数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とされ、主に男児が行います。

男子が袴を着用し始める儀式です。

帯解き

数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とされ、女児が行います。

女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀式です。

このような伝統から現代での風習は、男の子でした5歳、女の子なら3歳と7歳でお祝いを行います。

しかし、早生まれの子供などは翌年に行う場合もあります。

子供さんの成長具合や体調を考えて、ご家族で相談される場合が多いようですね。

七五三のお参りの日にちは?

神社へお参りをする時期は 11月15日 になっています。

祈祷や祝詞をあげてもらう場合は、お礼として初穂料(玉串料)を納めます。

事前に、神社などに問い合わせをされたほうが良いと思います。

祝詞を挙げて貰ったら、千歳飴などがいただけますよ。

この千歳飴は、細長いのが特徴なんです。

粘り強く長く元気で生きてほしい!という親の願いが込められています。

なぜ11月15日にお祝いをするのかしら?

でも七五三が、なぜ11月15日にお祝いすることになったのでしょう?

15日にまつわるエピソードは色々と多いようです。

一点目が、将軍徳川家光の子供であった徳松(後の将軍の綱吉)の健やかな成長を祈念したのが11月15日なんです。

願いが叶って、徳松が健やかに成長したことで言を担ぎ、七五三の祝いの日として広まっていったそうなんです。

二点目は、旧暦の11月に収穫が終わった満月の縁起の良い日である15日に神事を行っていたからなんですね。

お米やお野菜の豊富な実りを神様に感謝をしていた月でありました。

三点目が、七・五・三をすべて足した数は「15」になるからとも伝わっています。

先人たちの智慧から始まった儀式が現代にまで残っていることは嬉しい事ですね。

でも最近は、両親たちは11月15日にお参りすることにこだわりが見られません。

お子様の都合、双方のお祖父ちゃん、お祖母ちゃんの都合を考えながらお参りをされている家族が多くなってきています。

祝いにかかる費用は規模によって様々

また、衣装を作ったり、貸衣装や記念写真代、初穂料、食事会などがあります。

パパやママの考え方次第で、費用はいかようにもなります。

しかし、節目の我が子の健やかな成長を願うお祝いです。

記念のお祝い事を記憶として残してあげたいと思ってあるご両親も多いかと思います。

しかし、始めにお祝いの全体的な予算配分を考えながら計画されることも大切な事です。

予算を立てておかないと、部分的にかなり費用がかかる場合があります。

友人の娘さん夫婦は多様なパターンを考えて決めていかれました。

最初に全体の予算を計画しておくと、一つの事が早く決定したそうです。

例えば、記念だから良い着物を着せてあげたいから記念写真の枚数は少なくするなどですね。

また、反対に記念写真をたくさん残しておきたいから着物は購入しないでレンタルにする…

お祝いに招くのはお互いの両親だけで、自宅で食事会をするとか…

このように一つ一つの事に対して予算を考えながらメリハリをつけるのも良いことだと思います。

祖父母からの七五三のお祝いはお祝金(現金)か品物か?

可愛いお孫さんの七五三のお祝いはお祖父ちゃん、お祖母ちゃんにとっても嬉しい事です。

孫の節目のお祝い事なんだからお祝いは何が良いかとお悩みの方もおられます。

一般的には七五三祝いは身内の祝いですので、お祝いをされる方も、お孫さんや姪、甥など日頃からお付き合いが深い方たちになります。

おじいちゃん おばあちゃんたちからのお祝いで嬉しいものは?

孫の健やかな成長を祝いこれからも健康で元気に育ってほしいと願われる祖父母様達…♪

お孫さんを見てるお顔は、慈愛のお気持ちが表れています。

おじいちゃん、おばあちゃんたちから「着物はどうするの?」なんて聞かれることもあるかと思いますが、お祝いに何をお願いしたらいいのか迷うこともありますよね。

そこで、私の周りのママさんたちからリサーチした「我が家の七五三」についてまとめてみました。

では、お祝いを頂いたママ達の感謝の声を紹介致します。

祖父母から孫へのお祝いで嬉しかったパターン

我が子の七五三を経験されたサークル仲間であるママさんたちにリサーチをしました。

題して、「祖父母様からのお祝いは、お祝金か?それともギフト商品か?」です。

Aさんの場合:着物

「女の子二人でしたから、3歳と7歳で重なり着物の準備が大変だと思っていたんです。

でも、協力者がでてくれて助かりました。

実は、長女が3歳の時は、お宮参りのときに着た産着を仕立て直し着物にしたんです。

産着は、実家の両親たちが作ってくれていましたから七五三で着てくれることを喜んでいました。

だから着物の上に着る「被布」や「小物」を、お祝いとして買ってくれたんです。

下の子も産着を作って貰っていたのですが、三歳の時は姉の被布コートを着せました。

長女の7歳の時も着物をお祝いとして貰ったんです。

着物って、お値段も幅がありますから両親から贈って貰うと結構良いお品を着せることができて嬉しかったです。

今でも実家の両親たちは、二人の孫たちの七五三の記念写真を眺めては嬉しそうにしています。

両親との話し合いでは、現金でお祝いをして貰うはずだったのですが、自分たちが贈った産着を、七五三で産着を使うことが嬉しかったのでしょうね。

着物などをお祝いで頂いた両親たちには感謝しています。

でも、私の意見や好みが強かったから孫可愛さに着物にしてくれたのかな?…って少しは反省しています。」

Bさんの場合:お祝い金

「我が家は、男の子と女の子の二人です。

実は、長男が早生まれで女の子と年子なんです。

長女の三歳でのお祝いの時に長男の5歳のお祝いをしました。

2人分のお祝いだったので、実家の両親たちは現金でお祝いをしてくれました。

自分たちの好きなように計画を進めるようにと、一言アドバイスだけをして10月の中旬頃に贈って貰いました。

御祝儀袋を二人分用意して、三歳長女には30000円で、5歳の長男には50000円のお祝い金でした。

同居していたからか主人の両親たちは、私の実家が何をお祝いするのかを事前に主人に聞いていました。

私は何も聞かなくてもと思ったのですが、お義母さんとしては礼を尽くしかったのでしょう。

だから、お食事会の費用や実家へのお礼の内祝いなどに費用を出して貰いました。

内孫と言うこともあり、記念写真の代金も私たち夫婦と合わせて出してくれました。

いずれにしろ2人の子供の七五三祝いは、両家のお祖父ちゃん、お祖母ちゃんたちにとっては物入りだったと思います。」

cさんの場合:現金・ケーキ

「私の子供は、長女・長男・次女の3人です。

子育ても大変な中でしたので、お洋服でその年代にあった物を着せました。

記念写真も、主人が撮りまくって自分たちで選んでパソコンで仕上げました。

なにせ、コストダウンで楽しく家族でお祝いをしたい!って思っていました。

だから、双方のお祖父ちゃん、お祖母ちゃんたちはお招きはしなかったんです。

私の実家からは、お祝いとして孫が好きなものでも腹いっぱい外食でもしてきなさいと言って10月下旬頃に現金で30000円を頂きました。

主人の両親たちは、大きいサイズのケーキを予約していて宅配便で贈ってくれました。

夜は、豪華でビッグサイズのケーキをあっという間に食べました。

豪華なケーキってなかなか買うことも無かったので、子どもたちは大喜びでした。

こんなサプライズ感のある子供が大好きなスイーツのお祝いは素敵だなと思いました。

主役以外の子どもたちの事も気づかいを…♪

主役の子供に目が行きがちなんですが、他の子供さんにも心遣いが大切です。

当日のお参りの服装などは多少はキチンとしたお洋服で行かれた方が気分が良いと思います。

また、七五三の主役の子供さんと兄弟や姉妹たちが一緒にお祝いをして貰っているように思ってくれるように企画も大切ですね。

男の子だったら、ネクタイを新調したり、女の子でしたら新しい靴などを買ってあげたら物凄く喜んでくれます。

先ほどのコメントにもありましたが、ビッグな豪華なケーキやたくさんのスイーツなどを準備しておけば、みんなでワイワイ言いながら楽しめます。

外食の場合は、お店でのお祝いの席となります。

予約される際に、大人が6人で、子供が3人です…みたいなことを説明しておけば配慮をしていただけます。

家族のお祝いのイベント行事ですから全員が笑顔で楽しい思い出を創りたいですね。

七五三の祖父母(両親)からのお祝いは現金か品物かどっちがいい?のさいごに

七五三は、子供の成長を感謝し、みんなでこれからの成長を健やかに元気で育ってほしいと願うことです。

お祖父ちゃん、お祖母ちゃんたちは、ただただ孫の元気で笑顔一杯の姿を温かい眼差しで見守って下さっています。

お祝いはどのような形であろうとお孫さんの成長への応援だと思います。

節目の七五三の祝いが、記憶に残るような特別な一日となりますようにお過ごし下さいませ。

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする