誕生日にケーキをなぜ食べる?ろうそくを立てる意味も神秘的だった! | ばぁばの知恵のきびだんご

誕生日にケーキをなぜ食べる?ろうそくを立てる意味も神秘的だった!

人々は、この世に産まれた日を誕生日と言っています。

一年一年と年齢を重ねていくたびに、何度も誕生日祝いをして貰ったことでしょう。

今更なのですが、なぜお誕生日には丸いケーキとローソクでお祝いをするのか?…

と、素朴な疑問を持ちましたので調べてみました。

参考になりましたら幸いでございます。

スポンサードリンク

誕生日にケーキをなぜ食べるの?意味が神秘的だった!

いきなりですが、何で誕生日にケーキを食べるのでしょうか?

お誕生日ってお祝い事のイベントだから習わしに従って何となく…

でも、ケーキとろうそくのセットなのについて何かの理由があると思います。

調べてみると、お誕生日祝いの本来の意味が神秘的なことが見えてきました。

古代ギリシャ時代からお祝いをしていた謂れは?…

誕生日のケーキは、古代ギリシャ時代にさかのぼります。

古代ギリシャ人は、神様の誕生日を祝ってケーキを焼いていたそうなんです。

当時は、月の女神と言われていた「アルテミス神」が対象だったようで、月の形の満月の丸い「月の丸い形」を表した丸いハニーケーキを焼いていたんですね。

そしてそのケーキを、アルテミスの神殿の祭壇へのお供え物としました。

また、ケーキにさすロウソクは「月の灯り」を表現していたと言われています。

現代のようなお誕生日祝いの丸いケーキは、「月の満月」を表現されていたんですね。

また、ロウソクは、「月の灯り」を形にして表現されていたようです。

月の女神と言われていた「アルテミス」の誕生日祝いから現代の流れになってきたんです。

だから、ケーキの丸い形にも、ロウソクを灯すことにも神秘的な意味があったんですね。

何だかメルヘンチックな起源ですね。

遥かなる昔のギリシャ時代から月の女神「アルテミス神」を祝う習慣があったとは驚きです。

また、このような起源のある誕生日がとても神聖な気持ちになりませんか?

そして、とっても特別な日であることを改めて実感しました。

ろうそくの灯りをふうっと消すことにも意味があった…♪

またケーキは「お誕生日おめでとう…♪」と言いながらろうそくの灯りをふうっと消しますね。

実はこれにも神秘的な意味があったんです。

昔のヨーロッパの人たちには「ロウソクの煙は、天の神々に願いを届ける…♪」との神聖な思いがありました。

また、よく「一息で消すのよ…♪」なんて言いますが…。

これには、訳があって一息で消すと願い事が1年以内で叶い、二息で消すと2年以内にその願い事が叶うとの由縁があるそうです。

ロウソクの火を消す意味は深くロマンチックな事だったんですね。

今度からは、願い事を心で思い呟きながら一息で吹き消すことにし。

ろうそくの灯りを消すとき、みんなが拍手するのは?

誰かのお誕生日祝いのイベントで何気なく、「おめでとう…♪」って言いながらケーキの上の鮮やかなろうそくの灯を消した瞬間に、主人公に拍手をしてますよね。

この拍手って、お誕生会の主人公のお願いごとや、夢が達成するための頑張れ!の意味合いがあるかも?…と思いました。

この祝福があってこそ誕生会の意義があるのかもしれません。

個人のお誕生日祝いのイベントはいつから始まったの?

海外においての誕生日は、神の生誕を祝う日として宗教性が良く表れています。

その一つが、良く知られているイエス・キリストの生誕を祝う「クリスマス」などがあります。

では、海外では個人の誕生日をお祝いする習慣の始まりっていつの頃からとは解ってはいません。

個人に置いては、15世紀のドイツでは、「キンダーフェスト」と呼ばれる子どもの誕生日会が行われていました。

ケーキにロウソクを立て祝福するイベントは、中世ドイツから始まった…♪

実は中世ドイツでは、「子供の誕生日に悪霊はやってくる」と考えられていました。

そのような由縁からか当時の人たちは悪霊から子供を守るたに多くの人が家に集まったんですね。

バースデーケーキの上のろうそくを一日中灯すことで神様に祈りを捧げながら、子どもを守っていたそうです。

そして、日が沈んでから一日が終わる頃に駆けつけてくれた人々で分けて食べたと言われています。

子供の誕生日を大勢で守るってとても暖かみを感じます。

誕生日にバースデーケーキを食べる習慣の歴史

誕生日ケーキの起源は、古代ギリシャの時代にまで遡登っていました。

そして、ケーキにロウソクを立ててお祝いしてくれるみんなで食べるという風習は、中世ドイツが発祥でした。

私が想像していたのは、アメリカらしい賑やかなパーティーから始まったのかなって思っていました。

でも実際は、中世ドイツの子供の誕生祝いからアメリカに1900年代に伝わっていきました。

そして、アメリカ式スタイルが誕生していったようです。

誕生日のケーキの上に子供の年の数の分だけの小さなカラフルな色のロウソクを立てるようになって行きました。

そして、第二次世界大戦後に日本に伝わってきたようです。

となると、日本のお誕生会のイベントの歴史はまだ短いのですね…

誕生祝いのバースデーケーキは、日本の文化ではなかった…

今の今、日本のどこかでお誕生会のパーティーが開催されていると思います。

バースデーケーキにカラフルなローソクに火を灯している光景が浮かびます。

バースデーケーキとろうそくの起源は神秘性にあふれていました。

どのようなスタイルのお誕生日のお祝いでも、根本的な祝福をする思いは同じだと思います。

お誕生日のお祝いの主役となる人たちの笑顔は輝いています。

また、お祝いをしてあげるサポーターの皆さんたちの笑顔が溢れんばかりのゴールデンタイムとなりますように…♪

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする