バレンタインの義理チョコの会社での予算や相場と相手別のおすすめ | ばぁばの知恵のきびだんご

バレンタインの義理チョコの会社での予算や相場と相手別のおすすめ

バレンタイン 義理チョコ 会社

「うーん、もうバレンタインも近くなってきたな~

会社の男性に毎年贈るのが恒例にはなってるけれども…今年はどうしようかな?

それなりに、貰ったら喜んでいるみたいだし…

毎年の恒例だから、いつも同じものを贈るのもセンスがないと思われるし…」

お勤めをされておられる女性にとっては、バレンタインの義理チョコは悩みの種ですよね…(ーー゛)

ばぁばも、職場でのプレゼントはなくなりましたが、サークルや、ボランティア活動の仲間にプレゼントをしているので、バレンタインに会社であげる義理チョコレートについてまとめてみました。

会社に勤めている女性社員の方はぜひ参考にしてくださればありがたいです。(´▽`*)

スポンサードリンク

バレンタインの義理チョコ事情は変わってきている?

ばぁばが勤めていた頃は、職場で義理チョコを上げるのが普通だったのですが、最近はいろいろと事情が変わってきているようですね。

15年間、職場でバレンタインチョコを贈ってきた姪に現状を聞いてみると…

「会社によっては、総務・人事からバレンタインの義理チョコ禁止メールが通知される場合もあるの。

やっぱりお金もかかるし、「あげなきゃいけない風潮」というのも…ねぇ?

でも、会社からの規制がないからといって、何もあげないのも悩むんだよねぇ…

「どうした方がいいんですか?」なんて新入社員の子が聞いてくるけど、やっぱり気になるものが普通だよねぇ…(^-^;

なんて言っていました。

姪っ子の会社では、特に禁止はされていないそうですが、毎年渡しているようなんです。

日頃の感謝の気持ちを伝えるためのバレンタインのチョコレートの効果って、実はすごい効果があるんだよ…♪

日頃はコミュニケーションが中々取れていない上司でも、バレンタインに義理チョコをプレゼントをすると笑顔になってウキウキとしてるのよ…♪

家の旦那さんも、バレンタインデーには嬉しそうにプレゼントを貰って帰ってくるのよ…♪

ほとんど、子供たちと、私がおすそ分けしてもらってるんだけど。(笑)

美味しい、美味しいとみんなでワイワイと楽しませて貰っているんだー(´▽`*)♪

バレンタインデーって、渡す方も、渡される方もいい感じになるから、イベント的には好き!

と、言ってくれました。!(^^)!

あれこれと難しい事は考えずに、「渡したかったら渡す」…でいいのかもなぁと思いましたね♪

バレンタインの義理チョコ 職場での予算や相場は?

でも、会社の義理チョコの相場はいくらくらいなのでしょう?

職場で配るお菓子の平均予算などは、やっぱり気を使いますよね…

では、個別でそれぞれの男性社員にチョコレートを配る場合について、また、役職ごとのチョコレート相場を紹介しますね。!(^^)!

ばぁばの調査では、大体みんなこれくらいの価格のチョコを配っていますよ。

職場の義理チョコの予算と相場とおすすめ 【一般社員や同僚】

一般社員や同僚職員の場合、義理チョコにそんなにお金はかけませんよね。

義理チョコという場合は、他の女子社員とお金を出し合って、連名でチョコを渡すという方法が多いですよね…♪

1人にかける予算は300円~1000円くらいなもの。

個人的に渡す場合でも、最も1人500円~700円というのが相場のようです。

大量に入っている袋詰めは抱き合わせのラッピングをお勧めします…♪

一番お金がかからないのは、安い大量の袋入りのお菓子の詰め合わせです。

  • チロルチョコ数個の袋詰め
  • うまい棒
  • ブラックサンダー

このあたりの、長年のベストセラーの昔懐かしいチョコや人気の品を選ぶと喜ばれます♪

それぞれを組み合わせて可愛くラッピングをしたら、年配の男性社員も懐かしく食べれますしね(*^^)v

こんな駄菓子セットだと、結構お得なお値段で買えますし…

なんと言っても、永遠のベストセラーのお菓子ですから年代に垣根がないので渡しやすいのがポイントですよね…!(^^)!

また、箱詰めで数が多いチョコレートを選ぶのもいいですよね!(^^)!

「これ、良かったら疲れた時に食べてくださいね」みたいな感じで、机の上にドーンと置いておくだけでOKなんですね…♪

品物はこんな感じかな?…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メリーチョコレート ファンシーチョコレート 40個入
価格:1620円(税込、送料別) (2017/12/27時点)

メリーのチョコレート

メリーのギフトセット「エレガントギフト」には、みなさまが大好きなチョコレートの数が揃っているのが魅力ですよね!(^^)

しかも40個入りで1600円位というお値段の安さも魅力です♪

休憩室なんかに「女性社員一同」なんて置いておく分には本当にぴったりだと思います。

ばぁばが現役のころは、箱を持って一人ひとり声を掛けながらチョコを配っていました。

個包装じゃない気軽さがかえって受けたみたいで、みんな喜んでくれていました…♪

女性側も費用が格安で済みますので、男性社員が多い職場にもおすすめですよね…(*´ω`*)

一人で用意をするなら、結婚式用などで使われるプチギフトがおすすめです。

プチギフトショコラノワール(ハートクランチ)1個

相手の男性社員からしても、あまり高額なチョコを貰ったらお返しに困りますし…

何より贈る側のお財布の負担も…ですね(^-^;

ですので、500円以下くらいのチョコで充分だと思います。

男性社員の数が多くて、大量にチョコを配らないといけない場合には、1人300円ぐらいでも全然ありとおもいますよ。(*^^)v

上の「幸せデリバリー」という楽天のお店は、300円以下で可愛らしい商品が沢山♪

「いつもありがとうございます」の気持ちが伝わりますし、義理という感じも伝わるので自然な義理チョコとして、相手も喜んでくれるはずですよ…♪

バレンタインの義理チョコの予算と相場 【主任、係長、課長、部長クラス】

普段からお世話になっている上司(主任、係長、課長、部長等の役付き)になるとさすがに、500円のチョコではお粗末感が出てしまいますよね。

ばぁばも若い頃は役職の方には少し緊張しながらセレクトをしていましたね…

特に日頃からお世話になっている上司なら「少し見た目が良いチョコ」が良いのでは?と思います。

…といっても、高級なチョコレートを渡す必要はないとは思います。(*^^)v

相場の平均としては800円~1000円くらい。

最も多いのは1000円くらいのチョコレートですかね…。

年代的にアンマリ甘くないチョコなんかはどうでしょうか?

check! 【伊藤久右衛門】




若い人向けのチョコレートは口に合わない…という方も多いですし、上司への義理チョコとして気遣いも感じられる1品だと思います。

また、役職関係になるとますます選ぶのも難しくなってきますよね…

まあ~、部長さんあたりには2000円くらいのチョコが良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

一人で渡す人は少ないと思いますので女性社員で出し合って贈れば負担も軽くなりますよね!

京都のお取り寄せで人気の品で、大人のチョコレート菓子として、スバ抜けた人気を誇っているのがコチラ…。

ティラミスアーモンドチョコレート

職場にもよりますが、会社でのバレンタインは「あくまで気持ち」。

ばぁばは、いくらお世話になっているからといって高級チョコを渡す必要はないと思いますよ…

(変に誤解されるのも…ですね。(;’∀’))

バレンタインの義理チョコの相場 【社長や専務、会長クラス】

社長クラスのお偉いさんになると、贈る女性も管理職の方が多いと思います。

普通の女性社員からしたら、どんなチョコを渡していいの?と悩んじゃいますよね…

社長や専務に義理チョコを渡す場合は、やはり、そこそこのチョコレートが必要ですよね?

予算は、連盟での相場は、3,000円くらいといったところ。

個人で渡す分には、1,000円~2000円くらいのチョコでも全然OKのようです…♪

リンツ Lindt チョコレート リンドール 

年配の方へのウケがいい…

というか、主人が会社で頂くと嬉しいという妻目線で嬉しいのが、リンツのチョコレートです。

ゴディバなどのような若い方向けのチョコレートとは少し違う、落ち着いた雰囲気が感じられて、素直に「義理チョコ」として受け取れるメ―カーだと思います。

check! リンツ チョコレートLindt


バレンタインの義理チョコ どの年代にも無難に喜ばれるおすすめは?

最後に、年代を問わず喜ばれる「贈りやすい義理チョコ」をご紹介します。

ゴディバ

ブランドのネームバリューの割りに、意外とコストパフォーマンスがいいのがゴディバ♪

以前は「ゴディバを義理チョコにプレゼントすると、本命だと勘違いされてしまうかも?」

…なんて心配もされていましたが、最近は義理チョコとしても使われているようですね♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴディバ (GODIVA) ラッピング トリュフ ミルク 5粒
価格:756円(税込、送料別) (2017/12/27時点)

モロゾフ

日本で最初でバレンタインチョコを販売したことでも有名な「モロゾフ」。

名前だけ聞くと、なんだかロシアのメーカーっぽいですが、兵庫県神戸市に本社を置く、日本のチョコレートメーカーなんです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モロゾフ ゴールデンファンシーチョコレート 24個入
価格:810円(税込、送料別) (2017/12/27時点)

モロゾフは1000円以下のチョコレートの種類が豊富なので、義理チョコとしてはとても使いやすいメーカー。

お値段の割に、安っぽさを感じさせないので、先輩や上司への義理チョコとしてもおすすめです(*^^)v

ROYCE’(ロイズ

北海道の人気メーカー「ロイズ」。

「めちゃくちゃ美味しいのに、値段がすごく安い」でお馴染みのロイズです。

あげる側も、もらう側も嬉しい、WIN-WINなチョコレートですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロイズ 生チョコレート オーレ 20粒入
価格:777円(税込、送料別) (2017/12/27時点)

どのチョコも男性からしたら、「貰えるだけで嬉しい!」…と、大した差はないのかもしれませんが…(笑)

でも、「少量しか入っていないゴディバ」より「量が多いメリーやモロゾフの方が価値がある」と思っちゃう人も多いみたいです( ;∀;)

バレンタインの義理チョコの会社での予算や相場と相手別のおすすめのまとめ

皆さん、こんな感じで 役職によって渡すチョコの値段を変えている ようですよ♪

本当にお世話になっていて尊敬する上司であれば、一言メッセージを添えるか直接渡したときにお礼を言うと印象もアップ!

上司は嬉しくなること間違いなしです。(*^^)v

ちょっと面倒くさいなと思う職場のバレンタイン…。

しかし、普段のコミュニケーション交流が広まると思って、笑顔で渡すといいことがあるかもしれませんよ…♪

上司を気持ちよくご機嫌にさせたら、自分の評価もアップするかも?…ですよ(´▽`*)

せっかくのバレンタイン。

どうせなら楽しんみたいですね♪

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする