赤ちゃんへの絵本の読み聞かせで大切な事 意味や選び方を紹介! | ばぁばの知恵のきびだんご

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせで大切な事 意味や選び方を紹介!

赤ちゃん 絵本 読み聞かせ

『親と子供の宝のひと時を♪ ・・・

    赤ちゃんと、静かな時間と絵本の読み聞かせ‼』

赤ちゃんは、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん達など

たくさんの人達の祝福を受けてこの世に産まれてきましたね(^^♪

「おぎゃあ~おぎゃあ~」と、元気で大きな産声を聞いて、

喜びと安心で涙が溢れだした経験をお持ちだと思います。・・・

そんな中、絵本の読み聞かせをする日々が訪れると思いますが

この絵本の読み聞かせって、赤ちゃんにとってとっても大切なこと。

「1歳未満だけど、読み聞かせって意味があるのかな?」

なんて思っているママもいると思うけど……

ウン!赤ちゃんの頃からの読み聞かせってとっても大切なのよ♪

スポンサードリンク

赤ちゃんへ絵本を読み聞かせをする意味

赤ちゃんを育てていると……

「アッ!、目が見えるようになったよ♪・・

首がすわってきたね♪・・

良くお乳を飲むようになったね・・♪」

なんて、日々のチョットした成長に、

喜んだり、笑ったり、感動して涙がでたり・・・

大変なことも確かにあるけれど、

毎日が感動で、胸がいっぱいになるわよね。

赤ちゃんへの最高の贈りもの・・・(*’▽’)

産まれたばかりの赤ちゃんはね、

もうすでに、感じる力が備わっているのね・・・

その感受性をいっぱいに開いて、

自分を祝福し、自分に寄り添ってくれる

周りの人たちの心を感じ取ろうとしてるのね・・・

そして、自分が生まれた環境などを

「いったい、どんな世界かな⁉・・」と、

耳をすまして感受性の扉を開けて興味深々だそうね・・・

偉いわね!感動するわね!

赤ちゃんは静けさのなかから聞こえてくる、お母さんの立ち働く音、

風のそよぎ、小鳥のさえずり、街のざわめき

・・・・に耳をそばたて、

人と世界につながろうとしているのね!(^^)!

そんな中での絵本の読み聞かせは、赤ちゃんにとって「世界と繋がるための手段」のひとつなの。

赤ちゃんを育てる環境で気を付けたいこと

ここで注意をしておきたいことがあるのよ!

せっかくなら、癒しの空間で、自然の音にふれているから人工の音から

守ってほしいのよね・・・

特に、テレビの音などには雑音が多いので、家族で気にかけてあげてね‼

赤ちゃんは、日々、語りかけられ、子守り歌を歌ってもらい、

お世話をしてもらい、少しずつ、安心しながら心を深めて情緒豊かに

育ってくのよね・・・♪♪

赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから?

 絵本を読んで、心豊かに教えることは大切なこと・・・(*’▽’)

スポンサードリンク

ばぁばが、忙しくても欠かさなかったことがね、

語りかけ、ふれ合って遊ぶなかで絵本を読んであげることでしたね・・

それはね、先輩のママ友から教えてもらったのね(^^♪

「絵本をとおして、赤ちゃんと心の響き合いをつくっていくから、

大切なことなのよ!・・毎日の習慣にしているの・・」と、

楽しそうにアドバイスをしてくれたのね♪

生後6ヶ月くらいからかな⁉

・・・赤ちゃんは言葉に興味を持ち始めるのは⁉・・

その頃から、膝の上で抱っこしながら絵本を読んであげるのが

習慣になるので取り組むことをお勧めしますね♪

赤ちゃんの絵本の読み聞かせ 選び方や読み方のポイントは?

ばぁばの経験だけれども、さりげなく赤ちゃんの周りに絵本を置いたの・・

絵本とあそぶような気持ちで、絵本を親しいもの、楽しんでくれような環境も必要ね・・・

ばぁばはね、

自分自身が読書好きだったので、読書によって色々な事を学びましたね♪♪

絵本の選び方は重要な意味があるのよ・・・(*’▽’)

1週間に2冊ほど読んでいたかな⁉

・・未知の世界が広がっていくの!(^^)!

今思うと、楽しい時間を過ごしていたのね・・・

だから、子供たちへの読み聞かせはね、

ばぁば自身のために読み聞かせを楽しんでいたのかもね⁉・・・

では絵本の選び方はね、一言でいうと良書を選ぶことに尽きるね‼

絵本であれば何でもよい⁉・・・ではないのよね(・ω・)

優れた絵本とはどんな絵本のことかな⁉・・・

ばぁばが思う「赤ちゃんにとっていい絵本」とは次の3つがいい絵本なの。

  1. 言葉
  2. ストーリー(物語)

ばぁばがまだ新米ママだった頃、子育てセミナーに参加をしたの。

その時、多様な絵本が並べてあったのでビックリ⁉したのよ!

今でもやぶれそうな紙に派手な色使いで

動物園・お菓子・食べ物・洋服などの絵本だったんだけど

そこにある絵本には、美しさもなく、感動もなく、索漠感だけ。

でも、そんな中で・・・

  • ソフトカバーの表紙で手触りが心地良い♪
  • 描いてあった絵が自然の色使いで癒される♪

こんな絵本があったんだけど、こういう絵本を読むと赤ちゃんが穏やかになるの。

やはり、1歳未満の赤ちゃんは、言葉がまだよくわからないからか

読んでもらいながら一心に絵を見ているのね・・・

生後間もなくから1歳くらいの間は、特に「絵」が大切だと思ったわ。

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせで大切な事 意味や選び方のまとめ

美しいものへの感性を生みだすためにも、絵本の絵は、

赤ちゃんに見つめられる絵で美術であってほしいなって思うの。

絵以外にも大切なことってあるんだけど、

長くなってきたから、それはまた別の記事でご紹介するわね。

絵本の読み聞かせって、赤ちゃんだけじゃなくお母さんにとっても大切なこと。

絵本の読み聞かせを通して、子供がより愛しく思えるし、忙しい子育ての気分転換にもなるの。

1歳未満の赤ちゃんだけど、絵本の読み聞かせをする意味ってあるのかな?

・・・なんて思ってるママは、ぜひとも絵本の読み聞かせをしてみてほしいな。

きっとなにか「変化」があるはずよ♪

スポンサードリンク

応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする